スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
葬儀執行マニュアル
2011 / 01 / 28 ( Fri )
本当に正しいうさぎの飼い方としつけ方を大公開します!!





葬儀執行マニュアル





















一般の多くの方は
葬儀社の仕事内容と
そのサービスの対価を知りません
当然ながら、人は一生を通して
自らが、葬儀の喪主を務める機会は、
一度、経験するかどうかです。
しかし、その機会は、間違いなく訪れます。

       


健康長寿の人生を願っても老若男女、あるいは肩書や社会的地位を問わず、
誰にでも死が訪れることは定まっています。
「臨終」をいつも心に刻んで、真剣にわが人生の行く末を考え、
今日を悔いなく生き抜く事が大切ではないでしょうか。
現代文明は「生」に対して「死」を悪・無・不条理・敗北などとして忌み嫌って
きました。それが私たちを自らの死に対して直視しない事に連動しています。
宗教の観点から模索すると、釈尊の捉えた「生老病死」の四つの苦しみのうち
「死の苦しみ」について西洋の宗教のそれとは大きく異なった見解を示しています。
それは生命の実像の姿は縁に触れて出現(誕生)し、
また消滅(死亡)しながら流転を繰り返すと説きます。
ある時は大宇宙に冥伏して潜在化(死)し、またある時は顕在化する(生)と。
始めもなければ終わりもない、過去・現在・未来の三世という永遠の生命観を
縦横に、説き明かされています。
「死」も「生」とともに等しく生命の一側面であり本来排除されるべきものではない
との生命哲学です。これを現代的に訳すると
「死とは、人間が睡眠によって明日への活力を蓄えるように、
次なる生への充電期間のようなものであって、決して忌むべきではなく、
生と同じく恵みであり、嘉(よみ)せられるべきこと」なのです。
死の自覚が生を限りなく豊かにし、充実させるという生死観です。
今を生きる私たちに何があっても負けない強靭な精神を築き、
そして健康長寿の人生を開かれゆくことを願ってやみません。


   著者 profile 「序 章」 「メモリアル葬儀の金宝堂」著者の経営する会社です

葬儀必読ノウハウ集 8.400円


葬儀施工件数1.000件以上の著者が現場よりのレポートです。
葬儀事前相談以上の知識を紹介しています。
家族葬・密葬を中心に、完全ノウハウ本です。
葬儀社の利益率を教えています。
起業をお考えの方は、ノウハウ本としてご利用下さい。

            


 第一章 家族葬の薦め
 葬儀社の有無に関わらず、家族だけで葬儀を行えるように、それを具体的に実現する手段・方法は
 第二章でお伝えしたいと思います。葬儀に関する考え方も、時代と共に大きく変化しています。

 以前は、密葬と表現された時もありましたが、今の「家族葬」は、家族・親族のみ。
 あるいはそれに加えて、故人と親しかった少人数の友人を含めた「親近者のみで行う葬儀式」を、
 家族葬と呼ぶようになりました。

1 自分らしい葬儀の考え方

2 家族葬と一般葬との大きな違いについて <告知する範囲の人達をどこまでにするか>
3 時代の変化は世代の交代による <葬儀は誰のため>
4 家族葬の種類について
A 直葬(ちょくそう)  B 一日葬 (いちにちそう)  C 標準的な家族葬
D 家族葬の想いのままでの一般葬について
5 家族葬の宗派・形態について
6 今後の葬儀の傾向について
A 家族葬の増加   B 自由な形としての葬儀  C 死を考えることをタブー視されない
1 エンディングノートについて   2 生前予約の仕方
<事前見積もりの時代>
<寺院との関係やお墓について>
<通夜・告別式用原稿>

第二章 葬儀社に依頼しないで、自ら出す葬儀の方法
 葬儀ノウハウ集のテーマである実践的方法とその智慧の使い方を中心に解説しています


1、家族自身の手で、葬儀式を行う事について
A 葬儀の基本について  B そのメリットとデメリット
<最初にそのメリットです>  <次にそのデメリットです>

2、実践的葬儀の出し方
A 病院からの故人の搬送の仕方
<搬送費用> <予めシーツがあると便利です>
B ご自宅等での故人の安置の仕方
C ドライアイスの処置の仕方  <ドライアイスについて> <ドライアイスの入手の仕方><実際の処置の仕方>
D、役所手続きについて <届出人は大事です> <届出る役所はどこ>

<1実際、どう行動すればいいの 基本編>

1、最初には、自分自身で役所に手続きの仕方を聞きに行くべきです。
2、次に、希望する火葬場を実際に訪問して下さい。
3、必要に応じて霊宮自動車を運営している搬送業者を訪ねます。

<2実際、どう行動すればいいの 例外編>

1 火葬手続きは荼毘を付する火葬場に対しての手続きだけであって、死亡届けの提出する市町村が必ずしも一緒でなくてもいいのです。

<死亡届けを提出する際、事前にどこの火葬場で荼毘を行うかを予め、決めておくこと>

E、ご納棺の方法~出棺まで

1、使用するお棺の寸法の確認です。
2、お棺に故人を納める際には、必ず棺の下に座布団などを置き人の手が入る空間を作る事。
<副葬品について>
3 、棺に納まった故人に対してのお別れが、残された家族との最後のお別れの形になります。

<葬儀社は手配業>

<実際にあった例をモデルケースとして解説>
家族葬の基本の具体例

3、火葬場までのご遺体の移送について (出棺)
<出棺時間について><実際の出棺の場面です><出棺から火葬場の到着、荼毘終了まで>
葬儀施行マニュアル<タイムスケジュール表>


4、葬儀終了後について
A荼毘終了後のご自宅等での飾り方について B埋葬などお墓に納める方法など
<地域や習慣により、葬儀の出し方は全く異なります>

C葬儀終了後の諸手続き
<故人名義の預金の払い出しについて> <葬祭費や埋葬費が貰えます>


第三章 葬儀業の仕組みと新規参入の勧め
  時代の流れは死を考える事をタブー視せず、 自分らしくは元気いっぱい最後の瞬間まで、
 生きる事です。

 そういう考え方は今を生きるという活力にも通じます。
 また長寿社会ではその人たちの価値ある生き方をも模索しますので、
 葬儀に関する考え方も自分らしくこうして欲しいとの、伝言として後継者達に
 受継がれていきます。
 突然の訃報は致し方ないにしても、家族の側にとってそれを準備する期間としての
 余裕が生まれます。
 イザと言う時には、「こうしようとか」の事前の準備は必然の流れです。






1 葬儀業界の現状と今後の動向について
A 習慣としての葬儀式の変化  B 葬儀の内容の変化  C 葬儀費用の低廉化
2 葬儀業界への新規参入について
A 大手葬儀社よりも個人としての葬儀社が成り立つ理由
B 心優しき人の新規参入の勧め  <待つのも仕事>
C 小規模の葬儀社としての利益率

3 地域になくてはならない存在としての葬儀社
A 企業として発展させるより、地域のボランティアとしての位置づけについて
B 葬儀業に向く人・向かない人  <今の葬儀業界について>
4 顧客集めとしての「葬儀紹介センター」
5 葬儀社に依頼する場合の選択の基準
 <見分け方のポイント>


第四章 葬儀に関わる費用の全てについて


1 葬儀社からの見積書
<最初に必要な消耗品などの直接販売する葬祭具及びレンタル品の内容です>
A お棺  B 骨壷  C 焼香具  D 祭壇  E 遺影写真や白木位牌  F 内外装飾の費用
<次に葬儀の施工にあたる人的経費です>
2 会場費・車両費・火葬料など
3 料理・飲食を注文する場合
4 ご会葬返礼品や引き物について
      <お香典について1>
 
   葬儀社からの見積書の具体例 その1
   <一般葬弔問のお客様100名程度を想定した見積もり書>
      <お香典について2>
   葬儀社からの見積書の具体例 その2 <家族・親族葬30名程度を想定した見積もり書>
   葬儀社からの見積書の具体例 その3 <家族葬10名程度を想定した見積もり書>
   葬儀社からの見積書の具体例 その4 <家族葬5名程度を想定した見積もり書>

     <日本消費者協会が調べた、全国の葬儀費用の平均を参考までに記載します>

5 宗教者等のお布施について
<志しは感謝としての金額> <寺院について>
6 葬儀終了後の費用について
A 最初に法要等の費用です。 <埋葬の方法や弔い方について>
B 仏壇について
C お墓について
<お墓を買うという意味>
公営墓地について。 民営墓地について。 寺院墓地について。
<墓石そのものについて> <お墓の引っ越しについて> <お墓に依存しない埋葬の形>










葬儀執行マニュアル
葬儀の真実と実践的知識(全四章)
● A4:164ページ
● PDF版または冊子版
●(参考) この内容を葬儀社に依頼した場合50.000円程
の人的経費を頂いております。(当社の場合)

  特別価格 ¥8.400

クレジットカード決済には世界最高水準の安全を誇る
ベリサイン社のSSLであなたの個人情報をお守りして
います。
※ダウンロード版     8.400円
※冊子配送版(送料込)   11.250円


※各社カード・BitCash・銀行振込みが
ご利用頂けます。      






   著者 profile 「序 章」 「メモリアル葬儀の金宝堂」著者の経営する会社です








当社直営式場での、葬儀式依頼の場合 8.400円を値引き致します
このマニュアルは一般の方が、葬儀社に依頼しないで、「自ら葬儀式を執り行う事」を前提に書いています。
それでもあえて、このマニュアルを読んで、当社に葬儀の依頼を頂けましたら、当社式場である野田葬祭式場(千葉県野田市)及び宮代葬祭式場(埼玉県宮代町)でのご葬儀に限り、当社が受注した金額よりこのマニュアル代金8.400円をお値引き致します。当社の葬儀受注エリアは、千葉・埼玉・東京の一部です。(全国の方が対象ではありませんので、ご注意下さい)
申請はメールにて承ります。
※詳しくは、「序 章」でご確認下さい。















  冒頭、日本消費者協会が調べた、全国の葬儀費用の平均を参考までに記載します。
  実感としては、葬儀費用も2極化が進んでいます。
  荼毘だけで済ませる方と、昔からの一般的な伝統ある葬儀式を希望される方です。
  伝統ある葬儀式の費用は全体としは横ばいです。
  ただ、家族葬と荼毘に伴う出棺の義が全体の6割に迫る勢いですので、
  葬儀費用の低廉化と併せて下記データーが良く使われていますが、からくりがあります。
 地域別詳細とその実態は第四章で紹介していますが、その利益率を知ると驚愕でしょう


 
葬儀費用の合計
葬儀一式の費用
料理接待費用
寺院の費用


全国平均葬儀費用
236.6万円
150.4万円
38.6万円
48.6万円


        お客様の声











事前相談の際、マニュアル本は読ませて頂きました。
千葉県 T.K.さん
△△さんにはその節は大変に、お世話になりました。
事前相談から△△さんを知って葬儀までお願いしました。
最初の相談の際、実際にこの「葬儀執行マニュアル」に沿って説明を受け、担当の野口さんから全て教えて頂きました。
その時点で、ほとんど安心してお居りましたが、事前相談の時には、色々なケースを当てはめての説明を受けましたので、やはり気になったものですから、もう一度今度は、私の家族の個別事情をお話して、それにそった「葬儀見積もり」と「葬儀執行マニュアル」を頂きました。終わった今も、何度もお店には通っています。感謝しています。















実際は依頼しました。
東京都 O.F.さん
実際には依頼しましたが、この「葬儀執行マニュアル」通りですね全く違っていなかったのに驚きました。
一回目の相談の時に、色々なケースを想定してのお話でしたので、多少は違うのかと・・・
その後も、お店には法事の相談等で何度も通っています。お墓の相談と、また仏壇までお世話になりました。
今回、本を出されるという事で、私は既に葬儀は終わっていますが、この内容は読ませて頂きました。
私の葬儀の時と全く一緒です。
違うのは、△△さんに葬儀式をお願いした点だけです。
近所の方にも、宣伝しておきましたよ。

















消耗品だけ分けて貰いました。
埼玉県 Y.T.さん
事前相談の時に、この内容は知りました。
最初から葬儀は簡単にお願いしたいという事で、
私の方からお店に出向いしました。
その時に、「葬儀執行マニュアル本」に沿って説明を受けました。
1時間以上もかけて△△さんには、親切に自分で行う役所の手続きから、荼毘の方法まで教えて頂き、感謝しています。
私の場合は、身内だけで最初から火葬だけを予定していまして、葬儀の手続きや、費用の事など全く素人でしたから、この「マニュアル」本は本当に助かりました。必要最低限の費用でしたが、貴社の発展をお祈り致します。








※PDFファイルダウンロード版
特別価格 ¥8.400 (ダウンロード版)




  当社は先代から仏壇店を営んでいた事で、15年前のその時、顧客2.000件程に葬儀業
  を始めました旨、のダイレクトメールから広がりました。
  もともと顧客である当社と面識のある方が、葬儀の依頼に来てくれましたのである意味、
  最初から信頼関係はあったのかと思います。
  初年度で42件のスタートでしたが、当初は未熟な点が多く今考えれば厚顔の至りです。
  迷惑もかけたのかなって思ったりもします。そして、
  私が葬儀業を始めた直後のバブルの時代をピークに、葬儀費用も下がる傾向にあり
  「企業として成り立つ損益分岐点である本来の価格」まで
  下がって来たというのが実情です。

 










内容には興味がありますが、間違いなく葬儀を出せますか



このマニュアルのメインは第二章で詳しくお伝えしています。「葬儀社に依頼しないで、自ら葬儀を行える」というのは、弔問のお客様を迎えて行う一般葬、あるいは社葬などの大規模な葬儀式には向きません
しかし、このマニュアルの内容は、「葬儀に関する実際の体験集からまとめてありますので、その知識を知る」という事は、葬儀社を起業できる内容です。一般の方が実際に葬儀社に葬儀を依頼する場面では相当有益な情報となります。
























式典の式次第や具体的な内容はわかりますか



仏式での式次第の例として記載しています。また式典も、こういった形であれば、通夜式・告別式が成立しますという内容です。その具体的な項目は記載していますが、それ以上は家族の方の「送り方の内容」になりますのでその準備の仕方は省略しています。























身内が入院しています。回復を願ってはいるのですが、この本の事が気になります




ご家族の心情は理解しているつもりです。時代の流れは今を生きるこの時にこそ、死をタブー視せず、葬儀に関する知識を深めるべきだと思います。私自身、この仕事を15年以上経験した今、家族の方に事前の知識を理解して欲しくて書きました。イザとなる前に必要な事は書いています。






















斎場は、何度か行ったことがあります。
この本を読むだけでも、実際に葬儀は出せますか



最初にお伝えした、「1 お住まいの各市町村の戸籍係りに問い合わせる事」
とは死亡届けの受理要件がそこの役場で出来るか、どうかという意味です。
「2 事前に火葬場 (斎場) に足を運ぶ事」とは自分で葬儀を行う事を前提に、実際の場面で自分自身の目で確認するという意味です。この2つが理解出来ている方でした、必要最低限の消耗品 (お棺等) を用意する事により葬儀は執り行えます。また、
葬儀を新規参入の事業としてお考えなら、マニュアル本として使えます。






















私達の地域では、色々な葬儀の決まり事があるようですが、それにも対応してもらえますか



葬儀の習慣は、皆さんのお住まいの地域で、当然異なります。このマニュアルは東京を中心とする関東を一つの例として応えていますが、故人を火葬場にお運びして荼毘(火葬)に付すという事が、葬儀の基本ですので、それ以外の色々な葬儀の決まり事は、それに従って下さい。同じ町内でありながらも昔から住んでる人と、引っ越してきて既に10年以上たっている住民であっても、葬儀の出し方は異なる地域もあります。
葬儀式の内容は原則、皆さんの地域の風習、宗教者の考え方、そして出す側(家族)の考え方で如何様にもなります。このマニュアルは、既存の葬儀に関する捉え方、疑問を感じる方が増えてきたのも「ノウハウ集」としてまとめるきっかけにも成りました。






















この業界の近くで仕事していますが、葬儀社の利益率を公開してもいいのですか



他の業種では広く認知されている利益率が、葬儀業界のそれは、世間一般の方々には正確には全く知られていません。それを教えるという事は正しい価格を表示出来る事に通じるからです。また、近年の傾向は新規事業者の参入自体が増えることによる、業界の改革に繋がるという良い半面、逆にそれを利用し「第三者を装い、葬儀を依頼した時と実際の葬儀は別の葬儀社が施工を行うという」事を消費者に知って貰う事です。その事自体はビジネスですので存在意義は有ると思いますが、消費者がその仕組みの事実を知らない事による不利益が大きい事をお知らせしています。











葬儀ノウハウ集 発行の意義
  
  時代の流れは葬儀式の内容をはじめ、葬儀式そのものを執り行わなくなって来たという事です。
  東京都の2009年の調査では、5人に1人は、直葬 (ちょくそう) と言って、
  亡くなった病院から、直接、火葬場へ荼毘 (だび) に付されるようになったのです。
  区によっては、それは4割を超えています。
  それは、葬儀費用をなるべく安く抑えたいとい意味もあるでしょうが、
  葬儀そのものに対する人々の価値観の変化でしょうか。
  家族だけで行う葬儀が増えて来たのは分っていましたが、葬儀式そのものを行わなくなったのは、
  ここ1、2年の急速な変化の表れです。









葬儀執行マニュアル
葬儀の真実と実践的知識(全四章)
● A4:164ページ
● PDF版または冊子版
●(参考) この内容を葬儀社に依頼した場合50.000円程
の人的経費を頂いております。(当社の場合)

  特別価格 ¥8.400

クレジットカード決済には世界最高水準の安全を誇る
ベリサイン社のSSLであなたの個人情報をお守りして
います。
※ダウンロード版     8.400円
※冊子配送版(送料込)   11.250円


※各社カード・BitCash・銀行振込みが
ご利用頂けます。      










   著者 profile 「序 章」 「メモリアル葬儀の金宝堂」著者の経営する会社です



  
  時代は変わっても葬送の儀礼としての習慣である葬儀式の多くは、まだまだ皆さまの地域や  組合等の方々の仕来りに従います。  

  しかし、あえて葬儀社自身の仕事を公開して、自分自身で行うという意味は、葬儀業界の改革
  を促しています。
  最後までお読み頂き、有難うございました。            (株)金宝堂 仲村金三 
 




Copyright © 2010 All Rights Reserved. Powered by (株)金宝堂
個人情報保護方針特定商取引法に基づく表示お問い合わせ















詳細を見る
00 : 01 : 02 | 未分類 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://jltejkep.blog84.fc2.com/tb.php/4411-70c8e73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。